PARCO

内部統制と経営の体制

当社は、監査役設置会社として、業務の有効性および効率性、財務報告の信頼性、事業活動にかかわる法令などの遵守ならびに資産の保全などにおいて、当社および当社グループの業務の適正性を確保する体制を定め、内部統制の強化に努めています。
取締役会では、グループ全体の経営課題について具体的な検討・協議・意思決定を行うとともに、グループ各社の業務執行を監督する役割を担っています。また、執行役員制度の導入により、経営の意思決定と業務執行を分離し、機動的な意思決定を実現しています。 また、「コンプライアンス・リスク管理委員会」が中心となり、企業活動に内包するリスクの洗い出し、リスク評価、対策の検討、社内啓蒙活動を行うと共に、緊急時の対策本部の設置、情報管理などリスクの発現時に迅速に対応できる社内横断的な管理体制の整備に努めています。
当社は、経営理念に基づき、地域社会やお客様、ビジネスパートナーなどすべてのステークホルダーと良好な関係を保ち、ステークホルダーに満足していただける価値を創造し提供していくことで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現します。

経営の体制​

監査役設置会社形態を採用し、取締役会と監査役のほか、任意の指名報酬委員会を設置しているところに、当社の経営体制の特色があります。

  • 取締役会

    会社の持続的な企業価値向上のため、企業戦略の方向付けや、リスク管理体制の環境整備および取締役・執行役員に対する実効性の高い監督を行います。取締役会の機能が最も効果的・効率的に発揮できる適切な員数を維持しています。

  • 指名報酬委員会

    取締役と執行役員の選解任および報酬について、客観性、透明性を保ちながら取締役会に諮問するための機関として、指名報酬委員会を設置しています。

  • 監査役

    監査役は、すべての監査役で組織する監査役協議会を設置し、代表取締役との定期的な会合や、グループ監査室および会計監査人からの定期的な説明と報告の機会を充実させることにより、監査の実効性を確保しています。

Updated Feb. 24, 2021