小野 梓

商業施設は

街のカラーを変える力がある

2014年入社 開発部 
小野 梓

「商業施設を作りたいと思ったら絶対パルコは面白いです」と強く語ってくれた小野さん。土地を探して物件を開発する川上から、店舗を運営する川下まで経験してきた小野さんだからこそ見えるものがあるのかもしれない。

―パルコに入社を決めた理由は?

大学時代から建築学を専攻していて、建築に携わる仕事がしたいと考えていました。その中でも特に商業施設がやりたいと思っていました。商業施設がオープンすると人の流れや街の雰囲気が変わります。商業施設には街のカラーを変える力がありますよね。開発段階から商業施設がオープンするまでの過程を見て来た社員は皆さん感じているかと!

―どんなキャリアを積んできましたか?

入社後の配属は広島店で2年ほど店舗運営に携わっていました。その後建築部で経験を積み、今年から開発部に異動しました。土地を開発するところから竣工までで終わりではなく、管理、運営まで全てに関われるのがパルコのいいところだと思います。もっと大きい会社だと、分業されて部分的にしか関われないことも多いので、パルコの規模はちょうどいいです。最初に店舗運営に携われた経験も建築や開発業務に活きています。

―建築や開発のやりがいはどんなことですか?

開発は本当に街づくりの根幹に関わることが出来ます。街にどう貢献していくか?というプラン作りの時点では行政とやりとりすることもあります。初めて自分で担当したのは原宿のゼロゲート物件でした。建築はたくさんの条件の上に成り立っています。道や人の流れ、駅の場所、出店して下さるテナントさん。一つ一つの条件を丁寧に積み上げていくことが必要です。だからこそ、そのパーツがキレイにハマったときはすごく気持ちいいし、やりがいに感じます。それに、自分が手がけた建物が何十年も形に残るって感慨深いですよね。

―学生のうちに取っておいた方がいい資格はありますか?

開発の部門を目指すなら宅建は持っていたほうがいいと思います。また、建築士試験も法改正されて、受験機会が拡大されたので、以前より受けやすいと思います。

小野 梓

CHAPTER 2

商業施設を通して
街がよくなることをしたい

小野 梓

―今後はどういうことをしてみたいですか?

開発って本当に長いスパンの仕事だなと思っていて、構想段階からオープンまで何年もかかります。パルコは小さい物件にも大きい物件にも携われるところがいいなと思っているので、次はSDGsやサスティナビリティを実現できるような大型施設案件を担当してみたいです。

―最後に就活生へのメッセージをお願いします。

「パルコの仕事は“職種”の定義が難しい」とよく言われます。そのくらい仕事内容が多岐に渡りますが、どの部署でどの仕事をしていても<商業施設を通して街がよくなることをしたい>という根幹の想いは変わりません。皆さんがこれから会社を選択していく上で、仕事内容よりも、まずは “どのような想いで仕事をしたいのか”、ぜひ考えてもらえるといいなと思います。

小野 梓
小野 梓

Azusa Ono

2014年入社開発部小野

「商業施設は街のカラーを変える力がある」

OTHER PERSON