株主還元

配当政策

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現することで、株主の皆様への利益還元を果たすことを重要政策のひとつと位置づけています。剰余金の配当につきましては、株主の皆様へ安定配当を行うことを基本とし、業績と配当性向を勘案して実行してまいります。
内部留保金につきましては、財務基盤の充実を図るとともに、今後の事業展開を推進するために有効活用してまいります。

当社は、会社法第459条第1項に基づき、取締役会の決議により「毎事業年度の最終日及び毎年8月31日を基準日として、剰余金の配当を行う」旨の定款規定を設けており、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としています。

配当金

上記方針に基づき、平成28年(2016年)2月期の期末配当金は、1株当たり10円といたしました。中間配当金の1株当たり10円とあわせた年間配当額は1株当たり20円です。

決議年月日 配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額
(円)
平成27年(2015年)
10月5日
取締役会決議
1,014 10.00
平成28年(2016年)
4月6日
取締役会決議
1,014 10.00

年間一株当たり配当金の推移

2017 年 2月期 22.00 円(予想)
2016 年 2月期 20.00 円
2015 年 2月期 18.00 円
2014 年 2月期 18.00 円
2013 年 2月期 18.00 円
2012 年 2月期 17.00 円
2011 年 2月期 17.00 円
2010 年 2月期 16.00 円
2009 年 2月期 16.00 円
2008 年 2月期 15.00 円
2007 年 2月期 13.00 円
2006 年 2月期 11.00 円
2005 年 2月期 10.00 円
2004 年 2月期 8.00 円
2003 年 2月期 8.00 円
2002 年 2月期 8.00 円

自己株式の取得

平成28年(2016年) 2月期
期首保有自己株式数 3,242
取得自己株式数(株) 958
取得価格の総額(円) 1,056,023
処理自己株式数(株) -
期末保有自己株式数(株) 4,200