パルコグループ ブログ

お知らせ

「渋谷パルコ・ヒューリックビル」が「2020年度グッドデザイン・ベスト100」受賞

2020.10.01UP

「渋谷パルコ・ヒューリックビル」が「2020年度グッドデザイン・ベスト100」受賞

拡大する

拡大する

2019年11月に開業した渋谷PARCOが入る「渋谷パルコ・ヒューリックビル」が、2020年度グッドデザイン・ベスト100(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
2 つの建物を一つの街区に統合し、かつて 2 つの建物の間を走っていた区道を歩行者専用道路として施設内に引き込み、また、スペイン坂から続く建物外周部に立体街路を設け回遊性を高めることで街をめぐるような体験を生み出した点が高く評価されました。

*グッドデザイン賞とは;
日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動で、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「G マーク」は、優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

BOOSTER、サステナブルな七夕飾りの取り組みへの支援プロジェクト

2020.07.07UP

BOOSTER、サステナブルな七夕飾りの取り組みへの支援プロジェクト

パルコが共同運営するクラウドファンディングサービスBOOSTERで、サステナブルな七夕飾りの取り組みへの支援プロジェクト「仙台七夕飾りをリサイクルしたTANABATA PAPERを届けたい。」が始まりました。

これまでリサイクルされてこなかった「仙台七夕飾り」ですが、2019年に実際に使われていた七夕飾りを再生したTANABATA PAPERができました。しかし、今年2020年の仙台七夕まつりは中止に。お披露目の機会を失ったTANABATA PAPERを支援するプロジェクトがBOOSTERで立ち上がりました。
サステナブルな七夕飾りの取り組みを2021年に繋ぐためのプロジェクトです。
仙台 PARCO が宣伝面をバックアップしています。

札幌PARCOで、紙袋の再生プロジェクトがスタート

2020.07.01UP

札幌PARCOで、紙袋の再生プロジェクトがスタート

札幌PARCOは、役目を終えた鮭箱をリメイクするクリエイター集団『ARAMAKI(アラマキ)』とコラボレートし、プラスチック製買物袋の有料化に合わたせた7/1、紙袋の再生プロジェクトをスタートしました。お客様から紙袋を回収し、作成したステッカーを貼って魅力的に生まれ変わらせ、無料配布します。
捨てられてしまうはずだったものを「捨てたくないもの」に生まれ変わらせ活用することで、「ものを無駄にせず大切にする」ということをお客様に考えていただくきっかけづくりを目指しています。
回収した紙袋が鮭のように他のお客様へ還っていってほしいという意味も込められています。

ページトップへ