経済産業省が選定する「IT経営注目企業」にパルコが2年連続で選定

PDFダウンロード[327.8 KB]

2018年5月30日

株式会社パルコ

 

 

株式会社パルコ(東証一部 8251、以下当社)は、攻めのIT経営に関して注目すべき取り組みを行なっている 企業として経済産業省が選出する「IT経営注目企業」に2年連続で選定されました。

 

「IT経営注目企業」とは、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「攻めのIT経営銘柄」*1の選定において同銘柄に加えて、特定のテーマで先進的な取り組みを実施する「注目企業」として、経済産業省が選定するものです。今回当社が選定されたのは、ロボット、AR/VR、ブロックチェーンなどのデジタル技術の実証実験などを積極的に行なっている、という点や、顧客接点及び社内システムを絶えず更新している、などが評価されたことによるものです。

 

当社は、2020年に向けた長期ビジョンとして【都市マーケットで活躍する企業集団】を掲げており、その実現のための事業戦略のひとつとして「独自の先行的ICT*2活用」を推進しています。

ICTを活用した当社独自の視点によって、ご出店テナントの接客を支援するさまざまなサービス提供のほか、ショッピングの利便性向上や新しい体験を創造しています。AI*3を活用したスマートフォンアプリ「POCKET PARCO」では、来店前~来店中~来店後の行動のデータを分析し、パーソナライズされた情報伝達により、効果的 CRM*4施策を実現しています。また、複数の企業との協業により、VR*5ショッピングのトライアルやショップスタッフ業務をサポートするロボットの開発・実証、店頭のスマートスピーカーでお客さまへのご案内を行う音声対話アプリケーションとして「PARCOスキル」の開発など、最新テクノロジーの積極的な導入にも取り組んでいます。

 

今後も、消費環境の急速な変化に対応するべく、店舗でのデジタル環境を整備することで新たな消費体験の提供を推進するなど、独自の先行的ICT活用に取り組み、企業価値の向上を目指します。

 

*1 「攻めのIT経営銘柄」とは、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化といった視点から経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なITの利活用に取り組んでいる企業を経済産業省と東京証券取引所が共同で選定するもので、2015年度にスタート。

*2 ICT:Information and communication technologyの略で、情報処理および情報通信に関する諸分野における技術・サービス。

*3 AI:Artificial Intelligenceの略で、人工知能。

*4 CRM:Customer relationship management の略で、顧客情報を管理することで顧客満足度を向上させるマネジメント手法。

*5 VR:Virtual Realityの略で、仮想現実。

 

【ご参考】

経済産業省Webサイト内関連ページ

http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180530004/20180530004.html

 

http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180530004/20180530004_02.pdf

 

 

 

 

 

バックナンバー

※本サイトからリンクが設定されている、また本サイトにリンクを設定している当社以外の第三者のウェブサイトは、当社の管理下にはありません。ご利用にあたっての注意事項は免責事項をご覧ください。