ESGへの取り組み

パルコは、ESG(Environment/環境・Society/社会・Governance/ガバナンス)に関する課題に積極的に対応していくことがパルコグループを持続的に向上させることになると考え、取り組みを進めています。

パルコグループの価値創造プロセス 環境 社会 ガバナンス ESGに関する取り組みの体系

パルコグループの価値創造プロセス

パルコは、パルコグループの企業理念と「PARCO」という社名に込めた想いのもと、ステークホルダーの皆さまとともに新しいライフスタイルの創造をおこなっています。
パルコの事業活動は商業空間のトータルプロデュース力を活かし、時代を見据えた経営戦略を実行することで、生活者の方がたへ心豊かな生活を提案することです。それは社会が共感する新しい価値の創造であり、「インキュベーション」「街づくり」「情報発信」を通じて絶えず発展させることがパルコグループの社会的役割だと考えています。
パルコの持つ6つの資本を活用し、パルコグループの事業モデルを循環させることで、新しい価値を創出していくことがパルコグループのブランド価値、つまり社会が共感する新しい価値を創造するプロセスとなっています。

パルコグループ組織図

環境

環境への取り組み(環境保全への取り組み)
ショッピングセンター事業とそれに関連する活動分野のなかで、地球環境との関わりを重要テーマと認識し、持続可能な社会を次世代に残していくため、環境保全活動を推進しています。そのために、パートナーであるテナント企業をはじめ取引先企業と協力し、また、お客さまや地域の方々のご理解をいただきながら、環境負荷の少ない商業空間の創造を目指します。 

社会

ダイバーシティ(多様な人材の育成による活力ある企業の実現)
パルコグループは、社員を最も重要な資産であり将来の成長基盤であると考えています。多様な能力・個性を持った人材が活躍し協働を通じて新しい価値創造に繋げていくことが企業価値の向上・発展・成長に寄与するものと考え、ダイバーシティ経営を推進しています。また、働き方の見直しと育児・介護と仕事の両立の関する施策で、社員のワークライフバランスを支援し、女性社員の活躍を進める施策もおこなっています。

顧客とのつながり(お客さまとご出店テナントとのつながり)
販売員やインフォメーションスタッフが接客の中でお伺いしたご意見など当社スタッフが収集した情報や、お電話やお手紙、メールでいただいたお客さまからのお褒めやお叱りの声を全社で共有し、これらをもとにサービスの改善に取り組んでいます。また、ご出店テナントとの「イコールパートナーシップ」がパルコの大きな特徴であり、私たちは、ご出店テナントをお互いの価値観の共有によってともに成長・発展していくパートナーと捉えています。

地域との共存(出店地域の皆さまとの共存)
パルコグループは、さまざま形で地域のコミュニティへ積極的に関与することで街や地域の魅力向上に貢献し、ともに発展していくことが重要であると考えており、PARCO各店舗は、出店している地域の皆さまと共存しています。
地域のクリエーターや産業をサポートする店舗企画など事業活動を通じた取り組みを推進するほか、PARCO各店舗に来店されるお客さまの安心・安全を守るため、「生活」「売場」「生命」の安全に取り組み、多様な対応を図っています。

文化活動(リアルな感動・発見の提供)
エンタテインメント事業では、魅力あふれるさまざまなコンテンツを、劇場、音楽、映画、出版の切り口からプロデュースし、近年は作品のDVD・書籍化、コラボレーション企画の実施など分野の枠を超えたマルチ展開も加えて、リアルな感動・発見のあるライブエンタテインメントの提供をおこなっています。また、1977年にスタートした「ACROSS」は、パルコのシンクタンクが運営するメディアで、1980年8月以来毎月実施している「定点観測」などを通して「ひと」×「もの」×「まち」を考察する「ストリートファッション・マーケティング」分析をおこなっています。

次世代支援(新しい才能の発見と応援)
パルコは創業より、音楽やアート、演劇など先端のカルチャーを積極的に紹介し、さまざまな新しい才能の発見や応援をしてきました。当社の持つ国内外のネットワークや事業ノウハウを活用することで事業成長の機会を提供し、新たな価値の創出に取り組んでいます。また、新たな挑戦を志す人や組織が必要な資金をインターネット経由で個人から調達する仕組みであるクラウドファンディング「BOOSTER(ブースター)」を運営しています。PARCO店舗との連携など「ウェブとリアルの融合」によってプロジェクトの実現をサポートし、生活者の皆さまと一緒にクリエイティブな挑戦を世の中に送り出します。

ガバナンス

企業理念・社長メッセージ(価値の創造と提供による発展と成長)
パルコの経営理念は、「訪れる人々を楽しませ、テナントを成功に導く、先見的、独創的、かつホスピタリティあふれる商業空間の創造」です。私たちは、経営理念を現実のものにしていくことによって、お客様やテナント、株主など皆さまに満足していただける価値を創造し提供し続けていくことを望み、その活動の成果として適正な利潤を得ることにより、企業として発展・成長していくことを目指しています。

コーポレートガバナンス(長期的な企業価値の向上への企業経営の仕組み)
持続的な企業価値向上のためには株主の権利・利益の保護、株主以外のステークホルダーとの円滑な関係の構築、経営の透明性の確保および有効な経営監視体制の構築が不可欠であるとの認識から、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでいます。経営における監督機能と執行機能の分離を明確化し、透明性の高いコーポレート・ガバナンス体制を構築するとともに、迅速な意思決定・執行を確立するため、指名委員会等設置会社形態を採用しています。

CSRマネジメント(CSR活動の質の向上への取り組み)
CSR活動の定義を「事業を通じて、ステークホルダーの信頼と満足を得て、企業価値を高める取り組み」と考え、さまざまな活動を展開しています。ステークホルダーと円滑な関係を構築しながら、経営の透明性確保にも取り組み、CSR活動の質の向上につなげています。

リスクマネジメント(法令等の遵守、資産の保全による業務の適正性の確保)
業務の有効性および効率性、財務報告の信頼性、事業活動にかかわる法令等の遵守ならびに資産の保全などにおいて、業務の適正性を確保する体制を定め、企業価値の向上に努めています。また、全役員、全社員は、業務遂行に当たり、国内および海外の各種法令、社会ルール、社会的規範および社内諸規程を遵守し、公正で透明性の高い企業活動をおこなっています。

情報開示(透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示)
株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまに対し、透明性、公平性、継続性を基本として迅速な当社情報の開示に努めています。適時・適切な情報開示により、経営の透明性を高めるとともに、ステークホルダーの皆さまとの信頼関係の構築と、当社への一層の理解促進に取り組んでいます。

ESGに関する取り組みの体系

Updated Jun. 08, 2017