インキュベーション

新しい才能の発見と応援をし、新たな価値を創出する「インキュベーション」の取り組み

パルコは1969年の池袋PARCO誕生以来、音楽やアート、演劇など先端のカルチャーを積極的に紹介し、さまざまな新しい才能の発見や応援をしてきました。当社の持つ国内外のネットワークや、事業ノウハウを活用することで、事業成長の機会を提供しています。


新しい才能の発掘・応援をするコーポレートメッセージ

「SPECIAL IN YOU.」

2010年にスタートしたコーポレートメッセージ「LOVE HUMAN.」の想いを引き継ぎ、才能を発掘・応援するインキュベーション活動に、より強くフォーカスをあてるために、2014年より、新コーポレートメッセージ「SPECIAL IN YOU.」をスタートしています。

2017年は己の肉体や精神と対話しながら、孤独や失敗と戦い続ける勇気を持つ天才バレエダンサー「セルゲイ・ポルーニン」を起用しました。

2017年起用アーティスト「セルゲイ・ポルーニン」

2017年起用アーティスト「セルゲイ・ポルーニン」

Profile
ウクライナ出身。1989年生まれ、27歳。
幼少の頃からバレエの英才教育を受け、13歳の時に英ロイヤル・バレエ学校へ入学。
<ヌレエフ>の再来と謳われたセルゲイ・ポルーニンは若干19歳で、英ロイヤル・バレエ団史上最年少のプリンシパルとなる。しかし、人気絶頂の2年後に電撃引退をし、世界中を驚かせた。バレエ界きっての異端児と呼ばれ、栄光から、自滅の道へと噂される中、写真家デヴィット・ラシャペルが 監督をしたホージアの音楽「Take Me to Church」のMVに出演。世界中で2,000万回以上再生され、再度世界から注目を浴びることとなる。 2017年7月、そんな彼の、栄華と苦悩、幼少の頃からの記録とともに本人に迫ったドキュメント映画「ダンサー 世界一優雅な野獣 セルゲイ・ポルーニン」(配給:パルコ/アップリンク)が公開される。
本広告は、2017年4月27日に、パルコ/アップリンクで主催した来日プレミアイベントの際に、東京藝術大学・奏楽堂にて撮影された。


若手デザイナーのファッションショー開催を支援

「FASHION PORT NEW EAST(ファッション ポート ニュー イースト)」

若手デザイナーの発見と応援を目的に、アマゾンファッションウィーク東京で開催された「FASHION PORT NEW EAST」の2017年春夏コレクションと2017年秋冬コレクションを支援しました。
「FASHION PORT NEW EAST」は若手デザイナーたちが自立した形で発表の「場」を持つことをサポートするプラットフォームです。 パルコが継続して支援してきた発表の場「東京ニューエイジ」から、ブランドのさらなる成長・自立に向け形式を変更し、各ブランドが独立した形でファッションショーをおこないました。また、海外のデザイナーも招聘し、国内若手デザイナーが世界の才能と切磋琢磨することで業界全体の活性化を図っています。


本取り組みを通じて若手デザイナーたちが国内外に向けて、自身のクリエイションを発表することは、次なる成長機会を得ることができるとともに、次代を担う新しい才能がファッション業界の新たな力になると考えています。

2017年秋冬コレクション参加ブランド

2017年起用アーティスト「セルゲイ・ポルーニン」

Profile
1. Moto Guo(モト ゴー)
2015年クアラルンプールを拠点に、コレクション発表をおこなっているユニセックスブランド。
2. AKIKOAOKI (アキコアオキ)
女子美術大学卒業後、セントマーチンズでファッションを学ぶ。MIKIOSAKABEでのアシスタントを経て、2014年よりレディスウェアブランドをスタート。
3. KEISUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ)
「ここのがっこう」とESMOD JAPON「AMI」を経て、2015年秋冬シーズンより活動開始。


アジアの若手デザイナーのグローバルな活動を支援

「Asia Fashion Collection(アジア ファッション コレクション)」

日本の服飾専門学校やアジア各国のファッション機構と連携し、日本、韓国、台湾、香港の若手デザイナーを発掘・応援する取り組みをおこなっています。東京・ニューヨーク・台湾におけるファッションイベントでのランウェイショーの実施をはじめとする支援プログラムを通じて、事業成長の機会を提供しています。本取り組みを通じて、アジアの若手デザイナーのグローバルな活動とアジアのファッション産業の発展を目指します。

2017年2月11日(土)
NYファッション・ウィークにておこなわれたランウェイ後の記念撮影
会場:スカイライト・クラークソン・スクエア

次世代を担う女性クリエイターのプレゼンテーションの場

「シブカル祭。」

2011年より渋谷PARCOをメイン会場として開催してきた「シブカル祭。」は、若手女性クリエイターに表現作品の発表や、クリエイター同士の交流の「場」を提供することを目指し、のべ1,000名以上の女性クリエイターたちが参加しています。2016年は渋谷PARCOの一時休業にあわせて8月に「シブカル<夏>祭。」と、10月に渋谷CLUB QUATTRO(クラブクアトロ)をメイン会場に「シブカル<秋>祭。」、12月には、GALLERY X BY PARCOのこけら落しとして「女子と渋谷の展覧会fromシブカル祭。」を開催しました。2017年も10月に渋谷での開催が決定しています。渋谷PARCO一時休業中も、次世代を担う女性クリエイターたちを応援していきます。

女子と渋谷の展覧会fromシブカル祭。
2016年12月9日(金)~12月25日(日)
会場:渋谷スペイン坂に開業したGALLERY X BY PARCO

パルコのクラウドファンディング・サービス

「BOOSTER(ブースター)」

2014年よりクリエイティブ・コンテンツ領域全般におけるプロジェクトの実現をサポートし、生活者個人の皆さまと一緒にイノベーティブな挑戦を世の中に送り出す仕組みとして、クラウドファンディング・サービス「BOOSTER」をスタートしています。プロジェクトの成立支援のみならず、全国に拠点を持つPARCOの強みを活かし、プロジェクトの認知拡大、成立後の事業成長をサポートしています。

2016年8月には渋谷PARCO一時休業に伴い、PARCO劇場の装飾品をチャリティ販売する企画「FOR the THEATER LOVERS」を実施しました。1973年以来使い続けている緞帳やお客さまが座り続けた座席を気鋭のクリエイターらがメモリアルグッズとしてリメイクした製品を創りました。スタート当日には目標金額を達成し、好評を博しました。今後もWebとリアル(=PARCO店舗)を融合させることで、 お客さまとの接点を増やし、新しい挑戦をおこなう個人や組織を応援します。


ステークホルダーからのメッセージ

建築デザイン事務所 インテンショナリーズ 代表 鄭秀和(ていしゅうわ) 様

代表鄭秀和(ていしゅうわ)

座席番号プレート付PARCO劇場メモリアルチェア「PARCO THEATER Seat(for One)by インテンショナリーズ 鄭 秀和」

座席番号プレート付PARCO劇場メモリアルチェア「PARCO THEATER Seat(for One)by インテンショナリーズ 鄭 秀和」


「FOR the THEATER LOVERS」にてPARCO劇場の座席をリメイク

背伸びしてお洒落や文化に触れる事を等身大で知った事。それが80年代の渋谷の散策であり、パルコでの体験だった感があります。街にも独特の雰囲気があるのと同様に、施設にもそれがあり、自分の好奇心を満足する場でした。時代の変遷で、施設は新しく生まれ変わる中、その象徴の劇場の椅子のリメイクに関わらせていただきましたが、今の時代への決着の仕方もパルコさんらしく斬新でした。そして新しい取り組みと、未来への問いかけを期待している次第です。

Profile
最近の仕事に台北の巨大施設U-TOWN、すみだ水族館、恵比寿ガーデンシネマ、EDO WONDERLAND日光江戸村内の新築デザインなどがある。インドネシアでの新規事業ADDAの他、IoT家具ブランドのKAMARQなどに参画。


MAMORIO株式会社 代表取締役 増木 大己(ますきだいき) 様

増木 大己(ますきだいき)

グループ会社であるヌーヴ・エイと商品開発をおこなったIoT手袋「MAMORIOグローブ」

グループ会社であるヌーヴ・エイと商品開発をおこなったIoT手袋「MAMORIOグローブ」


日本初IoT手袋の先行販売プロジェクトを実施

BOOSTERにおいて、日本で初めての「なくすをなくす」IoT手袋「MAMORIOグローブ」の製品化を実現しました。ありそうでなかったユニークな製品ということもあり、リリース後、テレビなどでのメディアをはじめ多くの反響があり製品化を実現することができました。またこの取り組みがさまざまな領域にも応用できる可能性があることが証明され、弊社の事業展開の上でも今後の事業成長の躍進につながる大きな契機となりました。

Profile
大学卒業後、SBIホールディングス入社。SBI証券にて株式公開引受業務、RM(リスクマネジメント)に従事。2012年7月日本初の落し物総合ソリューションを提供する落し物ドットコムを設立。2016年4月MAMORIO株式会社に社名変更。

Updated Sep. 1, 2017