パルコグループ ブログ

2018年02月

アジアを代表するストリートダンサーが共演! DANCE DANCE ASIAを2018年3月に開催

2018.02.01UP

アジアを代表するストリートダンサーが共演! DANCE DANCE ASIAを2018年3月に開催

拡大する

左:Fabien Prioville(ファビアン・プリオヴィル)(振付/演出補佐 ドラマトゥルク) 右:Vince Mendoza ©️YOSUKE KAMIYAMA

拡大する

左:鈴木おさむ(脚本) 右:黄帝心仙人 ©️YOSUKE KAMIYAMA

株式会社パルコは、国際交流基金アジアセンターと共同で、2018年3月23日(金)~25 日(日)の3日間、東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストにて日本と東南アジアを代表するストリートダンサーが共演する「DANCE DANCE ASIA—Crossing the Movements 東京公演 2018」を開催します。

今回の公演は Vince Mendoza(ヴィンス・メンドーザ / フィリピン)、黄帝心仙人(こうていせんにん / 日本)、Hamdi Fabas(ハムディ・ファバス / インドネシア)がそれぞれ振付・演出する3作品で構成され、日本、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシアから気鋭のダンサーが出演します。

 

DANCE DANCE ASIA は、舞台芸術の「新しい表現手法」としてここ数年来高い関心が寄せられている、ストリートダンスを軸としたパフォーミングアーツ作品を制作・発表するプロジェクトです。アジア域内の交流促進と新たな文化の創造を目指し、2014年にスタートしました。

2015年、2016年と東京や東南アジア各地で公演を重ね、国内外の様々なメディアで取り上げられるなど、意欲的な作品発表と文化交流の場は年々注目を集めています。

 

本プロジェクトで、様々な表現力をもつ個性豊かなアジアのダンサーが相互に刺激し合いながら一つの舞台作品を作り上げることで、ストリートダンスの新たな地平を開きたいと考えています。また、ストリートダンスに限らず、演劇、音楽、映像、美術等、様々なジャンルで活躍するクリエイターとの協働によって、舞台公演におけるストリートダンスの更なる可能性が広がることを目指しています。



DANCE DANCE ASIA—Crossing the Movements ウェブサイト

「東京ゲゲゲイ」のダンスパフォーマンス最新作を上演

2018.02.01UP

「東京ゲゲゲイ」のダンスパフォーマンス最新作を上演

©️ARISAK

拡大する

©️ARISAK

ダンスパフォーマンスグループ「東京ゲゲゲイ」のパルコプロデュース公演「東京ゲゲゲイ歌劇団 Vol.Ⅱ」が、2018年1月、長野県松本市のまつもと市民芸術館と東京都千代田区のよみうり大手町ホールで上演されました。

 

パルコのエンタテインメント事業部は、演劇の上演だけでなく、近年はストリートダンスなどの公演にも力を入れています。

 「東京ゲゲゲイ」は、ストリートダンサーとして初めて日本ダンスフォーラム賞(※)を受賞した注目のダンサー・クリエーター、牧宗孝が率いるグループです。キレのあるパフォーマンスは「キテレツメンタルワールド」と称され、ダンス界にとどまらず注目を集めています。

今回の公演は、「東京ゲゲゲイ」のミュージシャンとしての魅力も伝えるレビューショーとなりました。全公演がソールドアウトとなり、公演会場はファンの熱気に包まれました。

 

※日本ダンスフォーラムが主催する、国内の公演作品、国際協力作品の中から、優れた成果を挙げたダンサーや振付師、演出家を表彰する賞。

ページトップへ