パルコグループ ブログ

2015年12月

第3四半期 「クォータリーレポート」 Q3「Quarterly Report」

2015.12.24UP

第3四半期 「クォータリーレポート」 Q3「Quarterly Report」

12月24日、平成28年2月期第3四半期の決算を発表しました。

 

平成28年2月期 第3四半期 「クォータリーレポート」

 

【連結決算の概要】
パルコグループ各社の好調により増収。営業利益、経常利益は、計画を上回り3期連続で過去最高益を更新

 

■ショッピングセンター事業の㈱パルコでは、前年度出店した福岡パルコ新館と名古屋ゼロゲートが今期全期間稼働したことに加えて、3月の福岡パルコ本館増床と名古屋パルコmidiの開業が、増収増益に寄与
■専門店事業の㈱ヌーヴ・エイの拠点の増加、総合空間事業の㈱パルコスペースシステムズの工事受注増が増収増益に貢献
■営業利益は、福岡パルコ新館と名古屋ゼロゲートの寄与などにより、前年同期比+5.2%と過去最高益を更新。当期純利益は、主に千葉パルコ閉店決定に伴う店舗閉鎖損失により、前年同期比▲5.9%の減益。2016年2月通期は、従来予想を据え置く


【代表執行役社長からのコメント】
当第3四半期決算の特徴は、㈱パルコを中心にパルコグループ各社がそろって好調だったことです。売上高、営業利益、経常利益は、㈱パルコのほか、㈱ヌーヴ・エイ、㈱パルコスペースシステムズ、㈱パルコ・シティが、ともに増収増益を達成しました。連結と㈱パルコの当期純利益の減益は、商業環境の変化や今後の見通しなどを総合的に勘案して判断した千葉パルコ閉店(2016年11月予定)の決定によるものです。
 
㈱パルコでは、福岡と名古屋でのパルコやゼロゲートの拠点増加によるパルコ基幹店舗の強化が増収増益に貢献しました。また、京都と神戸へのエリア初進出となるゼロゲート出店計画をそれぞれリリースしたことに加えて、東京都に提案していた渋谷パルコ地域での都市再生特別地区としての都市計画が12月東京都により決定されたことにより新しい渋谷パルコの具体的な計画を策定するフェーズに入り、将来に向けた事業戦略を着実に推進しました。㈱ヌーヴ・エイでは、既存店舗の好調とTiCTAC事業の拡大のために獲得した大阪商圏中心部の優良拠点の5店舗に加えて新規に16店舗を出店したことなどにより好決算となりました。㈱パルコスペースシステムズは専門店内装工事と電気工事の受注増加により、㈱パルコ・シティはWebサイト制作の受注増加により好調に着地しました。
パルコグループは、このようにグループ各社の力を結集して、新しい時代を先取りした積極的な戦略を進めるとともに、パルコの情報発信力と編集力をさらに強化し、世界中のお客様が期待する魅力的な店づくりを続けてまいります。今後もパルコグループの活動にご注目ください。

 

取締役 兼 代表執行役社長
牧山 浩三

 

第3四半期クォータリーレポート(PDF)はこちらより
ダウンロードしてご覧ください

http://www.parco.co.jp/ir/library/financial/

 


Quarterly Report
(Consolidated Results FY2015 Q3)

【Performance Overview】
The strong performance of PARCO Group companies in the third quarter resulted in  increased sales,with operating income surpassing targets and setting a new record for the third consecutive fiscal year.

■ In the Shopping Complex Business, growth in sales and profits was boosted by the full third-quarter operation of Fukuoka PARCO New Building and Nagoya ZERO GATE, which opened in the previous fiscal year, and by the opening of the Fukuoka PARCO Main Building extension and Nagoya PARCO midi in March.
■New store openings from NEUVE A CO., LTD. in the Retail Business and increased construction orders for PARCO SPACE SYSTEMS CO., LTD. in the Space Engineering and Management Business contributed to the rise in sales and profit.
■ Operating income increased 5.2% year on year, yielding record profits and reflecting contributions from Fukuoka PARCO New Building and Nagoya ZERO GATE. Net income declined 5.9% year on year mainly due to losses on termination of operations associated with the decision to close Chiba PARCO.
Forecasts for the fiscal year ending February 29, 2016 remain unchanged.

 

【Comments from the President】
The major achievement of the third quarter performance was the combined strong performance of the PARCO Group companies.
Sales and profit grew in PARCO CO., LTD. as well as across the Group among NEUVE A CO., LTD., PARCO SPACE SYSTEMS CO. LTD., and PARCO-CITY CO. LTD. The decline in net income was the result of the decision to close Chiba PARCO (scheduled for November 2016), which was made in consideration of changes to the commercial environment and outlook.
At PARCO, the strengthening of core stores as a result of increases in PARCO store and ZERO GATE locations in Fukuoka and Nagoya contributed to increases in sales and profits. Looking ahead, we are making steady progress in implementing our business strategy. For the first time in our history, PARCO will be advancing into the Kyoto and Kobe areas with the announcement of plans to establish ZERO GATE stores in each region. Additionally, our urban development plan proposal to the Tokyo Metropolitan Government for the Shibuya PARCO area as a special urban renaissance district was approved in December, and has moved into the specific planning phase.
NEUVE A CO., LTD. posted robust earnings due to the strong performance of existing locations and the opening of 16 new locations in addition to the five excellent locations acquired in the center of Osaka’s commercial district in Q2 to grow the TiCTAC business. Increases in orders for interior construction work and electrical work at retail stores at PARCO SPACE SYSTEMS CO. LTD., and web development orders at PARCO CITY CO. LTD. also led to positive overall results.
Through these initiatives, PARCO Group is pursuing aggressive forward-looking strategies while further strengthening trend communication and store selection and developing attractive stores that put smiles on the faces of customers from all over the world. We ask for the continued understanding and support of our many stakeholders as we move forward.
Through the combined efforts of our Group companies, PARCO Group is pursuing aggressive forward-looking strategies while further strengthening trend communication and store selection, and developing the captivating stores that customers from all over the world have come to associate with us. We ask for the continued support of the PARCO Group’s many stakeholders in our activities moving forward


Kozo Makiyama
President and Representative Executive Officer


(The full text can be read in the attached PDF or the PARCO website.)
http://www.parco.co.jp/en/ir/library/financial/

【PSS】Détour à Bleuetの空間設計・内装工事を手掛けました

2015.12.17UP

【PSS】Détour à Bleuetの空間設計・内装工事を手掛けました

拡大する

拡大する

パルコグループで総合空間事業を手掛けるパルコスペースシステムズでは、2015年8月8日(土)に東京・神宮前にオープンしたBleu Bleuet(ブルーブルーエ)の新しいショップ「Détour à Bleuet(デトールアブルーエ)」の空間設計および内装工事を手掛けました。

店内には、ブルーブルーエの新しいスタイルとして、ショッピングを楽しみながらゆっくりと休めるカフェも併設されています。

 

詳しくは、パルコスペースシステムズウェブサイトの実績紹介ページをご覧ください。

 

PSS実績紹介 Détour à Bleuet(デトールアブルーエ)

 


PARCO SPACE SYSTEMS operates the space engineering and management business.

 

It provides space planning and interior construction at Bleu Bleuet new shop "Détour à Bleuet" , opened at Jingumae, Tokyo on August 8, 2015.

 

As a new styles of Bleu Bleuet, the cafe is provided along with the shop.



パルコグループの事業 総合空間事業

パルコスペースシステムズ ウェブサイト

【調布PARCO】優良防火対象物として認定

2015.12.15UP

【調布PARCO】優良防火対象物として認定

調布PARCO

2015年11月13日(金)、調布PARCOは優良防火対象物として調布消防署に認定され、優良防火対象物認定証(優マーク)を授与されました。

 

優良防火対象物とは、平成18年10月から運用が始まった「優良防火対象物認定表示制度」 に基づき、消防署の審査及び検査の結果、防火安全性の高い優良な防火対象物として認められたものをいいます。

 

調布PARCOでは2015年3月から「全館クリーンキャンペーン」を実施し、倉庫や非常階段の整理整頓などの防火安全対策に積極的に取り組んできました。

その結果、法令基準を上回る高い安全性を継続的に備えている建物として、東京消防庁 調布消防署長から優良防火対象物として認定されました。

 

調布PARCOは、今後もお客様やテナントスタッフの皆さんの安心・安全を守るため、継続して館内の環境維持に努めていきます。

ページトップへ